バーベキュー、キャンプ料理で作る肉、魚、野菜の七輪アウトドアレシピ

秋鮭厚切りカットの串焼きレシピ

丸ごと鮭を買って、厚切りにカットして七輪で焼くレシピ

 

鮭のレシピと言えば「鮭のちゃんちゃん焼き」「鮭のホイル焼き」が有名。でも王道料理「鮭の塩焼き」を厚切りの鮭の切り身に金串を打って七輪で焼き上げる。七輪強火で鮭皮をかりっかりに焼くだけの簡単レシピながら、七輪の特性を活かしたアウトドア料理だ。

厚切り鮭の七輪炭火焼き

 

鮭の捌き方(丸ごと一匹の鮭を捌く方法)

鮭は脂ののったキングサーモンよりも国産の程よい脂の鮭がよい。脂が多すぎると焼き上げるときに七輪の炭にこぼれた脂が燃えてしまい、焼き具合が難しい。

築地で丸ごと一匹の鮭を購入。丁寧にウロコをとる。ウロコ引きは小さいものが使いやすい。

鮭のさばき方 鮭を捌く、鮭のウロコを丁寧に引く

 

鮭の頭を落とす。腹を割いて鮭の内臓を抜き出す。お尻のあたりから包丁の刃の先端だけを外側に向けながら差し込む。内臓に傷をつけないように腹皮一枚を割く。

鮭のさばき方 腹を割いて白子か筋子を取り出す

 

鮭の内臓を取り出して、血を洗い流す。背骨に沿った部分にたまった血合いも丁寧にかき出し、キッチンペーパーでふき取る。オスなら大きな白子も期待できる。もちろんメスの鮭なら筋子。

鮭のさばき方 大きな白子が入っている

 

鮭は身が特に柔らかいので、身割れしないように丁寧に三枚におろす。あとは好きなサイズにカットして、好きな部位を選んで焼いて食べよう。

後は鮭を三枚におろしてカットするだけ。

鮭のさばき方 三枚おろし

 

 

材料(2人分) 分量
生鮭 塩をしていないもの 2切れ
旨い粗塩 適量
七輪の火力 強火
アウトドア度 ★★★
調理時間 20分

 

秋鮭厚切りカットの串焼きレシピの調理方法(焼き方)

1.七輪は強火にしておくが、炎があがらないように送風口は閉めて。
2.1切れの鮭の身に串をクロスに2本打つ。焼く寸前に皮目を中心にしっかり塩を振る。
3.まずは身から7割程度焼き上げる。次に皮目をしっかりと焼き上げる。

しっかり焼きあがった鮭の身はほろりと口の中で崩れる。秋の空の下ビールを飲みながらかじる鮭の切り身がうまい。金串を打つと熱伝導で芯まできちんと焼きあがる。

鮭の皮がさくさくとしてたまらない。七輪ならではの焼き上がり。

七輪の前に座って鮭をゆっくりと焼き上げる。あせらない、あせらない。

08f4611

鮭の腹皮。さくさくで、脂がのっていてうまい。

鮭の腹周りの脂ののった部位。腹皮。

鮭の腹皮を七輪で炭火焼き

鮭は寄生虫がいることがあるので生焼けは避けること。化粧塩と言って焼きあがりもきれいにできるので、粗めの塩を焼き上げる寸前に振り、塩が溶ける前に魚を火にかける。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.