バーベキュー、キャンプ料理で作る肉、魚、野菜の七輪アウトドアレシピ

専門店の分厚いステーキ焼きレシピ

焼き網の焦げ目がクロス状についた分厚いステーキ。

ステーキ専門店ならではのあの焼き目をバーベキューで再現しよう。七輪の強い火力と太いステンレスの焼き網を用意して、煙がもくもく出ても気にならない海岸でステーキ焼き放題!食べ放題!

長方形七輪で焼くステーキレシピ

分厚いステーキはとても魅力的だ。ステーキ専門店に行くと見事な焼き目のついたステーキが熱した鉄皿にのっかって出てくる。だがあの鉄皿が実は肉をまずくしてしまう。せっかく丁寧にミディアムレアに焼き上げても、食べているうちに熱が入りすぎてしまい、最後の一口が硬くなってしまう。

理想のステーキは何人かで集まって楽しく焼く。焼きあがったらすぐにカットしてみんなで大ぶりの肉を一口でがぶり。すぐに次の一枚を焼いてまたがぶり。これが最高の食べ方だ。

 

材料(8人分) 分量
牛肉肩ロースステーキ 8枚
黒胡椒 適量
天然塩 適量
わさび 適量
七輪の火力 強火
アウトドア度 ★★★★★
調理時間 10分

 

■専門店の分厚いステーキ焼きレシピの調理方法(焼き方)■

  1. 肩ロース肉のステーキカットがいい。焼く30分前にクーラーから出して常温にする。肉が冷たいと芯まで火が通る前に肉が硬くなってしまう。とても重要だ。
  2. 焼く寸前にしっかりと塩と黒胡椒を上面に振り掛ける。胡椒ミルで挽き立てをかけよう。
  3. 充分に熱した七輪のステンレス焼き網に塩を振った面をのせる。裏側にも塩を黒胡椒を振る。
  4. 肉を裏返すと、ほら、立派な焼き目だ。うまそうなのだ。炭を片側に寄せて弱火で肉の芯まで温める。
  5. ステーキの外側を焼き固めて肉汁を閉じ込める。そして赤いまま肉の温度をじっくり上げる。

焼きあがったらすぐにカットして、はいどうぞ。遠慮せず手でつまんで口に放り込む。熱い!旨い!肉汁が最高だ。肩ロースのしっかりした歯応えと程よい脂、赤身のしっかりしたうまみ。炭の香りがこたえられない。

七輪の焼き網できれいな焦げ目のついたステーキ

 

溶け出した脂が焼けて、肉に香ばしい匂いをつける。この匂いがいい。スコッチをストレートであおりながら肉をつまむ。長方形の七輪で左右の炎を強火弱火にしておくと上手に丁寧に焼くことができる。

厚切りステーキと七輪

一枚づつ七輪にのせて焼く。のせるときに斜めにおいて、途中で30度ほど角度をずらすと、ステーキ屋の網目状の焼き方となる。

七輪で焼き目をつける

さあ、もう一枚おかわりはいかが?

クロス状に焼き目をつけたステーキ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.