バーベキュー、キャンプ料理で作る肉、魚、野菜の七輪アウトドアレシピ

厚切ステーキ肉でローストビーフレシピ

七輪と南部鉄で分厚いステーキ肉のローストビーフのようなレアステーキ

ステーキの好みの焼き加減はレア。ローストビーフや牛たたきと同じくらいに肉汁の滴るレアに仕上げたステーキがうまい。

厚切りステーキを七輪でレアに焼く焼き方

火加減調節の難しいバーベキューでも、生ではなくしっかりと加熱されたレアステーキに焼き上げる。七輪とクックダインの南部鉄器が火加減が楽でアウトドア調理に便利だ。

辞書ほどの大きさのダッチオーブン。大きめのステーキがジャストサイズ。

分厚いステーキを簡単にレアで焼き上げて、厚切りしてワインで肉汁ステーキを堪能しよう。

 

材料(2人分) 分量
牛肉肩ロースステーキ500g 1枚
黒胡椒 適量
天然塩 適量
七輪の火力 強火
アウトドア度 ★★★★★
調理時間 10分

 

 

■ステーキ肉のローストビーフレシピの調理方法(焼き方)■

  1. 肩ロース肉のステーキカットを用意。焼く30分前にクーラーボックスから出して常温にする。肉が冷たいと芯まで火が通る前に肉が硬くなってしまう。肉をレアに焼くための一番のコツ。
  2. 南部鉄ダッチオーブンで焼く前に天然粗塩を両面にすり込む。胡椒は焦げやすいので焼きあがってから仕上げにかける。
  3. 薄型ダッチオーブンを本体とフタとどちらも強火の炭を準備した四角七輪の焼き網にのせてプレヒートする。
  4. 熱した薄型ダッチオーブンにステーキ肉をのせる、じゅう!と素敵な音がする。しっかりと焼き目をつける。焼肉トングでステーキをひっくり返して側面も焼き目をつける。そのあとに裏返したら熱したフタをする。七輪からすぐにダッチオーブンをおろす。
  5. 夏なら5~6分。秋冬なら10分ほど放置してダッチオーブンが手で触れるくらいに冷めてきたらできあがり。

 

肉汁を閉じ込めてゆっくりと加熱したステーキ、ど真ん中をカットして指先で肉の温度を確かめる。良く研がれた包丁でカットする。50度前後に感じられれば焼き上がりだ。冷たく感じる場合はもう少し加熱しよう。

カットした肉の芯はレアのように真っ赤だが指先でさわると温かい。まな板の端に塩と黒胡椒を盛っておき、ちょんとつけながら口にステーキカットを放り込もう。

ステーキの中までレアで加熱する

レアステーキに仕上がった七輪レシピ

 

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.